ロボット教室 高橋

高橋先生の「ロボット教室」のまとめ

このサイトでは、「ロボット教室」についてまとめています。

 

「高橋先生のロボット教室はどこ?」
「実際行ってみてどうだった?」
「他の教室と比べてどう?」

 

こんな疑問に答えるサイトです。

 

 

ちなみに、高橋先生監修の「ロボット教室」は、ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」 です。

 

 

 

自己紹介

こんにちは!「ちこママ」といいます。小3男子、年中男子の2児のママで、専業主婦してます(^^)/

ママ

 

上の子が「ロボット教室行きたい!」っていいだしたんですけど、うちの子は「あきっぽい」んですね(-_-;)

 

「水泳、公文、体操」と自分から「行きたい!」って言ったのに、ぜんぶ3ヶ月でやめました・・・。

 

なので、「今度こそは続けてほしい!」って切実な思いから、ロボット教室について徹底調査したんです('◇')ゞ

 

わが家は「ヒューマンアカデミーロボット教室」

徹底した調査の結果、わが家が入会したのが、
「ヒューマンアカデミーロボット教室」

 

高橋先生(※)が監修する教室で、先生デザインのロボットを作っていきます。

 

(※) 高橋智隆先生とは

エボルタ君

 

・宇宙飛行士ロボ「キロボ」
・パナソニックの電池CM「エボルタ」
・シャープのロボット電話「ロボホン」

 

これらを作った、ロボットクリエイターで、東大の先生です。

 

「情熱大陸」にもでたりとメディア露出は多いので、顔を見ればわかる方が多いかもしれません。

 

ここの決めた一番の理由は、
本格的なロボコンの存在

 

「ロボコン」っていうのは、ロボットコンテストのこと。作ったロボットのスピードやアイデアなんかを競い合う大会です。

コンテスト

 

 

ヒューマンアカデミーのロボコンは、

 

・全国1300教室による地区予選がある
・本選会場は、東大の安田講堂
・全国大家には海外の子も参加する

 

こんな超本格的な大会。

 

そして何より、
審査員は、高橋智隆先生です(^^)/

 

 

それで、
ロボコンを目標にがんばってる子がすっごく多いし、教室全体でがんばろうって空気があるんですね

 

 

 

習い事って、「はじめはモチベーションが高かったけど、だんだんマンネリ化してくる」こんなとこがありますよね(-_-;)

 

そんなマンネリがロボコンって目標があれば防げるんじゃないか
周りのムードに流されてがんばれるんじゃないか
あきっぽいけど周りに流されやすいうちの子に合ってるんじゃないか

 

こんな風に考えて、「ヒューマンアカデミーロボット教室」に決めました('ω')ノ

 

 

 

ただロボット教室は、基本「フランチャイズ」なので、よくも悪くも先生のカラーがあります(・_・;)

 

なので、体験に行ってみて、

 

教室のふんいき
先生のキャラクター
先生と子供との相性

 

この辺をチェックしてから入会を決めた方がいいと思います。

 

ここの体験は無料だし、ネットで申し込めるので、行かなきゃ損ですしね(*^_^*)

 

 

体験の詳細はこちらから見れます
↓↓↓↓

※ロボコンに興味がある方は、こちらのサイトの「イベント」ってとこに、大会の動画もありますよ。高橋先生もでてきます。

 

体験授業の感想

ネットで申し込んで、教室からの返事がきて、当日会場に行きました。

 

体験授業の会場に着くと、「ロボットのキット」と「作り方のマニュアル」が渡されます。

 

それで、「さあ、作ってみようか」といきなり始まりました。

 

「作り方のレクチャーみたいなのないんだ!?」っておどろきましたね( ゚Д゚)

 

しかも、「先生は基本教えない」んです( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

「え?それじゃあ教室の意味ないじゃん?」なんて最初は思っちゃいましたが(;・∀・)、

 

これは、「なるべく人に聞かず自分の頭で考えてほしい」から。

 

 

試行錯誤して作り上げることでアイデアが浮かんでくる
っていう高橋先生の考えを大事にするからこそ、
「授業型」「手取り足取り型」にはならないそうです。

 

「なるほどな〜」って妙に納得しましたし、ついつい手がでてしまう自分に反省しきりでした(-_-;)

 

 

ただ、先生がうまくサポートしてくれるし、マニュアルがすごく充実してるので、心配はなかったですけどね(^^)/

 

 

 

作るロボットのイメージは、「動くレゴ」といった感じ(詳細はヒューマンアカデミーのページで見れます)。

 

高橋先生デザインのロボットを作っていきます。

 

初回購入のキットをばらして色んなロボットを作る」といった形なので、
・毎回キットを買わなきゃいけない
・家がロボットだらけになっちゃう
といった心配はありません(^^)/

 

「なんでこのブロックから、色々作れるんだ?高橋先生は天才か?」
なんてド素人の私は思いましたけどね(;・∀・)

 

 

「うちの子、90分なんて集中できるのかな?」なんて思ってたんですけど、まさかまさかの「フル集中」( ゚Д゚)

 

「家とは違うな〜」って感じたし、「子供と先生との相性」がわかったので、行ってみてよかったですね(^^♪

続いてるし、満足してる♪

うちの子は、「水泳、公文、体操」と全部3ヶ月で退会してきました(;´Д`)

 

そんな子でも、「ロボット教室」だけは1年近く続いてます( ゚Д゚)

嬉しいママ

 

教室から帰ってくると、、
「ママー!見てー!今日はこんなの作ったんだよー!」
って毎回うれしそうに話してくれます。

 

こんな息子の姿を見るたびに、
好きなものなら続くんだなー
あうものが見つかってよかったな
ロボット教室行かせてよかったなー
って思いますね(*^-^*)

 

 

こちらから詳細が見れます
↓↓↓↓
ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」

 

 

「ロボット教室」を比較

まず、主な「ロボット教室」を、
授業料
授業時間
対象年齢
といった視点でまとめました。

 

☆ポイント☆

・授業料は「月1万円」が相場
・月謝以外に「教材費」が必要
・「月2回・90分」の授業が多い
・「年長(小1)〜」or「小3〜」と別れる
※「プログラミング教室」は字が読める必要があるので「小3〜」が主流

 

料金 授業 年齢
ヒューマンアカデミーロボット教室

入会金:1万円
月謝:9千円
教材費:28,500円

授業時間:90分
回数:月2回

年長〜中学生
もののしくみ研究室

入会金:5千円
月謝:8千円
教材費:2万7千円

授業時間:90分
回数:月2回

小3〜中1
アーテックエジソンアカデミー

入会金:1万円
月謝:1万円
教材費:4万円

授業時間:90分
回数:月2回

小3〜小6
個別指導Axis

入会金:0円
月謝:7980円
教材費:1980円(月額)
テキスト代:2800円

授業時間:80分
回数:月2回

小3〜小6
crefus(クレファス)

入会金:2万円
月謝:1万3千円
教材費:2万4千円

授業時間:50分〜180分
回数:月3〜4回

年長〜中学生
レゴスクール

入会金:1万円
月謝:12500円
教材費:8400円〜

授業時間:50分
回数:月3回

年長〜
ロボ団

入会金:1万円
月謝:12800円
教材費: ー

授業時間:90分
回数:月2回

年長〜中3
LITALICOワンダー

入会金:1万5千円
月謝:11500円〜
教材費:コースによる

授業時間:90分
回数:月2回〜

年長〜高3
ステモン

入会金:1万5千円
月謝:8800円〜
教材費:コースによる

授業時間:60分〜
回数:月4回

年長〜小6
タミヤロボットスクール

入会金:1万円
月謝:10044円
教材費:17280円

授業時間:90分
回数:月2回

小3〜小6

 

※料金はコースによって異なる場合あり
※回数もコースによって異なる場合あり
※年齢も「推奨」といった目安
※各教室名をクリックするとホームページに移動できます

page top